シャンプーの選び方


最近、「ノンシリコンシャンプー」、「無添加シャンプー」など耳にしたり、使用している方が多いと思います。たくさんのシャンプーの中から自分に合ったモノをどう選んだらよいか、、参考になればと長々となりますが載せさせてもらいます。

シャンプーを選ぶコツは、シャンプーの裏側に書いてある「成分表示」にあります。
表示成分に書かれている成分は、そのシャンプーの含まれている量の多い順に並んでいるので、先頭に近いほど多く含まれています。
主に先頭に多い成分が、髪の毛の汚れを落とすのに必要な、「界面活性剤」です。
この、「界面活性剤」が強すぎるシャンプーを使うと、頭皮や毛髪の必要な水分や脂質を取り過ぎてしまう恐れがあります。
シャンプーの裏の成分を見て、

  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム

など、「ラウリル」と「硫酸」がついているシャンプーは、界面活性剤の力が強すぎる可能性があります。できれば「ラウリル」と「硫酸」という成分が入っているものは選ばないほうが無難です。

それから、「シリコン」のお話。シャンプーには、汚れを落とすのに必要な界面活性剤、、ですがそれだけだと毛髪がギシギシになります。そこで、手触りを良くするようにシリコン系の成分を入れて手触りを良くしているんです。

特にダメージ毛の場合、シャンプーにシリコン(またはシリコンに替わる)成分が入っていないと、手触りはかなり悪くなりますし、からまっての抜毛、毛髪同士がすれて、ダメージにもつながります。

 

シリコンの成分は・・・

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シリカ
  • シロキ  など

シリコンは髪の周りに膜を作り、髪の毛をツヤツヤにする力を持っていますが過剰に「シリコンが蓄積されると、膜が取れなくなり、髪が乾きにくくなったり、パーマがかからなかったり、というトラブルが出てくる恐れがあります。(界面活性剤の強いシャンプーでは、髪のギシつきがひどい分、シリコンが大量に含まれているようです。)

なので、市販のシャンプーを選ぶ時は、 「ラウリル」と「硫酸」という成分が入っているか、シリコンは成分の順番の後ろのほうにあるかどうか(後ろのほうにあると量が少ない、ということになります)ということに気をつけてみてください。
こういったことが気になる方は、「美容室専売のシャンプー」や、「アミノ酸系シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」を買うことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree